2022年

1/8ページ

Award

  • 2022.10.03

去年に引き続きまして、今年も開催されました。 2022年に制作された会葬礼状や映像が表彰される下半期アワード。 今年も沢山の素晴らしい文章と映像がありました! そして、第3回となった普段言えないありがとうを伝える がんばった大賞。 今年も他部署の方々を含めいろいろなお言葉をいただくことができ、 改めて頑張ってよかったなと思える瞬間でもありました。 また、今年はそれに加えてラストレター部門でアカデミ […]

梨狩り

  • 2022.09.29

  つい先日、学生時代の友人たちと「梨狩り」へ行ってきました。 人生初の梨狩りでした。 会場につくと、元気なスタッフの皆さんが迎えてくださり、 注意事項や、美味しい梨の見分け方を聞き、梨狩りスタート。   大きな梨がたくさん。 大きくて、傷がなくて、ずっしり重そうな梨が美味しいとのことでしたが、ほぼ全部そうでした。 その中でも、「これだ…」「この梨が私を呼んでる…」などといいながら、皆で […]

ヘアアレンジ

  • 2022.09.26

だいぶ日中の暑苦しさが落ち着いてきて、季節の移り変わりを感じる今日この頃 第2ビルよりトミーがお送りいたします! タイトルにあるのは、いいお年頃のおっさんの最近の グーグル検索ワードです。。 正確には「ヘアアレンジ 2歳 女の子」で検索し 8月よりやっと保育園に通い始めた娘の 朝の支度に奮闘しております(汗) 今までは元気いっぱいでヤンチャっぷりに翻弄されてましたが 保育園に通い始めて、お友達との […]

運動会

  • 2022.09.22

  9月の頭に開催された娘の運動会 毎日寝る前に欠かさず練習の日々 毎日毎日マーチング練習、体操の練習(スキップ) 内容はほぼ把握していたが、本番の娘の演技をマジマジと見たら 可愛いいという感情ではなく「あー知らない間によく成長したな・・・」 0歳児クラスからずっと同じクラスだった〇〇君や〇〇ちゃん いつも泣いてばかりいた〇〇君 みーんな頑張って演技、体操をしていて 色んな感情で夫婦共々 […]

育てる癒やし

  • 2022.09.19

花や木は好きですが「枯れたら悲しいし…お世話面倒だし…」と育てることは敬遠していた私。 植物が好きすぎて大小40個ほどの鉢に囲まれて暮らしている母の 「何もいわんで育ててみなさい!!!!すごい良いから!!!!!」というごり押しに負けて、 ついに 小さなパキラとコーヒーの木、南天を購入しました。 最初はネットでお世話の仕方を見ながら「面倒くせ〜〜〜」とぼやいていたのですが、 手をかけるほどぐんぐん葉 […]

日々に潤いをば

  • 2022.09.15

季節が移り変わっていこうがもっぱらの楽しみはゲーム… 家庭用・アプリゲーム、どちらにも手をつけ、次々と増える楽しみに 日々が押し流されているK/Oです。 先日配信されたニンテンドーダイレクトでも楽しそうなゲーム紹介のラッシュで どこから攻めていこうかと考えあぐねております。 11月にはポケモンの新作も出ます… 楽しみは尽きませんが、現状手元にあるゲームのクリアを急ぎたいところ。 で・す・が、アプリ […]

早いもので もう9月も半ば

  • 2022.09.12

前回 家庭菜園について書きましたが、プランターがカタツムリの繁殖場と化していることが判明し現在進行形で闘っております。 去年の春、母が鹿児島特産のカンパチでも入りそうな大きな発泡スチロールの箱にネギやレタスを植えて突然持ってきました。 暖かい気候のお蔭でネギは越冬し、夏も元気だったのですがあまりに旺盛で冷凍庫がネギだらけになったため根本からバッサリ刈り取ったところ、それまでネギで隠れていた土に大量 […]

だるまさん

  • 2022.09.08

「だ・る・ま・さ・ん・が…」右に左に動くだるまさん 『だるまさんが転んだ』とリズムに合わせて読める楽しい絵本があります。そんな、だるまさんシリーズの絵本作者さんのことを知る機会がありました。育児漫画で 作者さんへ宛てたお手紙がきっかけ。 かがくい ひろしさん2005年 50歳で 絵本作家デビュー絵本作家としての活動はわずか4年その間16冊もの絵本を遺されたそうです。 特別支援学校の先生で台本から全 […]

言葉の魅力

  • 2022.09.05

鳥肌が立ちました。 寒かったわけではありません。 怖かったわけでもありません。 納品するお礼状の最終データを確認している際、お礼状の冒頭に私の心はぐっと掴まれていました。 『カランコロンと鳴る下駄の音は父の帰宅の合図。私が小さい頃、剣道の先生をしていた父は、剣道着に下駄というずいぶん迫力のある姿でいつも練習に出掛けておりました。』から始まる1枚のお礼状。 冒頭部分だけでもどんな故人様なのか想像が膨 […]

「その日」のまえも、「その日」のあとも

  • 2022.09.01

「ページをめくるのが怖い」と ある本を読んでいて感じました。 タイトルは『その日のまえに』。 重松清さんが書かれた小説集で、余命を宣告された登場人物と その大切な人が過ごした 数日間を描いています。 映画やドラマにもなっているそうなので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。   別れの日が そう遠くないと知ったら どんな言葉で大切な人に伝えるか? どんな別れ支度をするか? 反対 […]

1 8