塩で焼いたら 何でも美味しいですよね

  • 2021.07.29

先日 友人2人と唐船峡に行ってきました。 唐船峡:回転式そうめん流し発祥の地として知られており指宿市の統計によれば年間30万人以上の観光客が訪れる観光地となっている Wikipediaより抜粋 回転式そうめん流しって鹿児島独特の文化らしいですね。 毎年 何だかんだ必ず1回は行っているような気がします。 4連休最終日ということもあり 結構賑わっていましたが 感染対策がしっかりなされていたので安心して […]

祖母の短歌帳

  • 2021.07.26

「見てごらん」と差し出されたのは、年季の入った分厚いノート。 93歳の祖母が見せてくれたのは、30年ほど前に作った自身の短歌の練習帳でした。 聞けば、60代の頃 短歌を習いに教室へ通っていたそう。 最近のステイホーム期間で古い本棚を整理していたら 当時の短歌帳を見つけたと教えてくれました。   祖母の意外な趣味に驚きながらページをめくると 今は亡き祖父との暮らしや故郷の喜界島、 戦時中に […]

お気に入りのものを使う幸せ

  • 2021.07.22

私はどうやら食器が好きらしい、ということに気づいたのはいつだったでしょう。 お金がない学生時代の一人暮らしのときでも、服や化粧品はめったに買わないのに 気に入った食器を見つけると(しばらく悩みはするのですが結局)買っていた気がします。 働くようになってからは悩む時間が少し短くなったくらいで、 やっぱり気に入ったものを見つけると つい手が伸びます。 「これに盛るなら何の料理が合うかな」そんなことを考 […]

「どこしぇ」してみました

  • 2021.07.19

先日、積ん読していた本をやっと手にとりました。 樹木希林さんの「一生なりゆき」という本です。 彼女の訃報を聞き、なぜか結構ショックを受け、 「万引き家族」とか「悪人」とかすごかったよなあ〜なんて思いながら 手に取った本だったと記憶しています。   さて、この本には短いインタビュー記事がいくつもまとめられ、 彼女の死生観や夫婦観、子育て観などが語られています。   それはなんとも […]

猛暑到来

  • 2021.07.15

連日の厳しい日差しの中、皆様いかにお過ごしでしょうか。 私は、朝日の鋭さの中の出勤に皮膚が焦げるような気さえしています。 つきましては、通勤途中にある甲突川を、京都の鴨川に見立てて、感覚だけでも涼を追うことにしました。 あら、鴨川のせせらぎが風流どす~。 向こうから舞妓はんが来てくれはらしまへんやろか~。 とか妄想してましたが、そんなことでどうにかなる直射日光ではなかったので、とうとう帽子を買いま […]

考え、想いは人それぞれ

  • 2021.07.12

「想いを形に」しようと、日々電話を手に取り、パソコンに向かっている私たち。 ご家族の気持ちに寄り添うために!と、個人ではもちろん、ライター全体でも 色々と工夫をこらしています。 その一環として、毎月取り組んでいるのが「品質課題」です。 日本語について学んでみたり、いつもとは違った表現を考えてみたり、 お互いに取材を聞き合ってみたり、月ごとにテーマを設けています。 先日は「いいお礼状ってどんなものだ […]

夏に観たい映画といえば?

  • 2021.07.08

先日、同僚と『時をかける少女』というアニメ映画の話をしました。 元々は筒井康隆さんの小説で、ドラマ化や映画化されています。 私達の世代(アラサー)には、『おおかみこどもの雨と雪』などでおなじみの、細田守監督が制作したアニメ映画版がドンピシャです。 公開されたのは、私達が中高生の頃…ストーリーの主人公 真琴も高校2年生。ひょんなことから過去に戻れる【タイムリープ】の力を手にした真琴は、自分の好きなよ […]

おしゃれって大変

  • 2021.07.05

突然ですが、お店でしてもらうネイルに憧れています。 季節にあわせたり、自分の好きなデザインをお願いしたり、推しキャライメージのデザインにしてもらったり。みんなの綺麗なネイルをみて「いいなぁ」と羨ましがる毎日です。 じゃあすればいいのに…と思われるかもしれません。 が、私にはなかなかハードルが高い。 まず爪を伸ばすのが苦手なので一度ネイルをすると自由に爪切りを使えなくなるのが辛い。 そしてやすりで爪 […]

(気持ちの上で)母になりました

  • 2021.07.01

私ごとではありますが、5月から猫を飼い始めました。 引き取った日の朝に目があいたばかりの子猫です。   昔実家で3匹飼っていたけど生まれたての子を母猫なしで育てるのは初めて。 生後1ヶ月くらいは数時間おきにミルクをあげて、トイレのお世話もしてと 人間の赤ちゃんさながらの育児でした。 そんな我が子もすくすく育ち、やってきた当初は234グラムだった体重も今では1キロに! お母さん感激です。 […]

缶の生ビール 歩き飲みに最高らしいです

  • 2021.06.28

平野啓一郎氏の最新作、『本心』という小説を少し紹介します。 個人がAIの作成を企業に依頼する時代、多くの人が”衣服のように”アバター所有しヴァーチャル空間でのやりとりが何ら特別ではなくなった世界。これだけ聞けばSFの印象を強く受けるのですが、2040年代の日本を舞台にしたそう遠くはない未来の話です。 自ら死の準備を整えそれを実行する「自由死」、それが法的に可能になった未来で主人公の男性は母から「自 […]

1 4